ニコレットが効かない原因とは

ニコレットで禁煙できない理由

禁煙ガムとして有効なのがニコレットですが、このガムを活用したことによって無事に禁煙ができた例も沢山あるとされています。しかしながら中にはニコレットを使っても失敗してしまったケースも少なくないのです。
なぜ失敗してしまうのか、それにはいくつかの理由が考えられますが、まず使い方を誤っている可能性があります。
ニコレットはガムタイプの禁煙補助剤ですので普通のガムのように使ってしまう方もいるようですが、そのような使い方ですと本来の効果を発揮させることはできません。
ニコレットには正しい使い方があるのですが、まず何度か噛むことによってニコチンが放出されてピリピリとした感じを受けます。そしてピリピリ感が出たら噛むのを止め、歯と頬の間にそっと置いておきます。これによって粘膜からニコチンが吸収されますが、しばらくするとニコチンが出なくなりますので、その時にまた噛んで同様に粘膜から吸収させます。
これがニコレットの正しい使用方法であり、効果を発揮させる為にもきちんと使い方をマスターしてくことが大切です。
ニコレットで失敗する理由として我慢が足りないのも理由のひとつです。ニコレットはあくまでも禁煙を補助する為のアイテムにしか過ぎず、結局のところは我慢が必要不可欠です。ですからまだ強く吸いたい気持ちを持っていると禁煙に失敗し易くなりますし、ニコレットだけに頼るのではなく、タバコを吸わないという強い意志もしっかりと持つようにしなければいけません。
その為にも禁煙をする良いタイミングを見付けることが大切ですし、禁煙への気持ちが固まっていないにも関わらず何となくの気持ちで禁煙をスタートしても失敗する可能性が高いと言えます。

■ニコレットで禁煙の第一歩を踏み出しましょう
ニコレットがこんなに安く買える
■ニコレットがだめならこちら
チャンピックスで煙草を減らす