ニコレットが効かない原因とは

禁煙に際しニコレットを過剰摂取すると肉体依存になる

禁煙に際して、ニコレットを使用することは効果的です。何故ならタバコをやめられない最大の理由の一つがニコチンの依存症です。
禁煙をするとイライラしてくるのはこのニコチンが欠乏して脳がニコチンを欲しがるからです。いわゆる肉体依存です。
ニコレットはタバコに替わってニコチンをガムの中に染み込ませた医薬品で、禁煙時のこのニコチン切れを緩和してスムースに禁煙成功に導いてくれます。
いわゆる「タバコをニコレットに置き換える」治療薬です。
しかしながら既にニコチン中毒に陥っているヘビースモーカーにありがちなのですが、ニコレットで必死に禁煙に挑戦した結果、この医薬品がタバコの代替品として手放せなくなり、1日の使用量を超えて年中使用する人がおります。
こうなるとタバコのニコチン中毒から、ニコレットによるニコチン中毒に替わるだけで、根本的な「肉体依存」から抜け出していないことになります。ニ
コレットは初期発売のものと異なり、味もミント等市販のガムと変わらないものも発売されていますから、昔ほど抵抗なく摂取することはできます。
しかしその一方で、「そもそも喫煙とはニコチンの肉体依存が引き起こしている薬物中毒である」という正しい知識がないと、問題の根本解決にはなりません。
ニコレットを過剰摂取するとニコチン依存症が進むという指摘や、口内炎や胃痛の原因にもなると言われています。
以上のことから、特にヘビースモーカーの人が禁煙に挑戦する場合は、自らの判断で薬局に行くのではなく、病院の禁煙外来で医師の診断を受診してニコレットを処方して貰い、正しい量と方法で使用する必要があります。
もちろん、禁煙外来であれば、医師の処方箋により保険適用も可能になりますから、町の薬局で購入するより安い価格で購入が可能です。